『鬼滅の刃』名シーンでわかる英文法 鬼滅の名言を英語で!

「誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ もう派手派手だ」を英語で?【難易度★★★★】

派手派手だ

スポンサーリンク

英語では、

日本語では「生物」が主語なのに、

英文にすると「無生物」が主語になることが多々あります。

 

今日はそんなお話を、

『鬼滅の刃』のネイティブ英語版『Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba』の一コマを例文にしてご紹介します。

 

問題!

今回のお題は、英語版『鬼滅の刃』単行本6巻の柱合会議のシーンから。

 

柱合会議に連れてこられた炭治郎の処遇を「斬首にすべきだ」という意見があったのち、

「ならば俺が派手に頸を斬ってやろう」と言った宇髄さんの、続きのセリフですね。

こちらもCHECK

派手派手だ
炎上「遊郭」よりヤバい表現!?「ならば俺が派手に頸を斬ってやろう」を英語で?【★★】

おはようございます! アニメ『鬼滅の刃』2期・遊郭編、楽しみですね!   「遊郭」という言葉を使うのはけしからん! という炎上騒ぎもそろそろ落ち着いてきたのではないでしょうかね。 &nbsp ...

続きを見る

 

派手派手だ

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第6巻(集英社)

今回はこの「誰よりも派手な血飛沫(しぶき)を見せてやるぜ もう派手派手だ」を、

英語版でどう訳されたか?を見ていきながら、使役動詞の使い方、使われ方を見ていきましょう!

 

問題

Even the blood splashes will(   )panache!
誰よりも派手な血飛沫(しぶき)を見せてやるぜ
※panache=華々しさ

Really flashy-flash!
もう派手派手だ

選択肢
①let
②have
③get
④make

どの使役動詞を使うか?という問題ですね。

宇髄さんの嫌いな「地味」に難しい問題です。

 

答え

 

派手派手だ

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.6

正解

Even the blood splashes will have panache!
誰よりも派手な血しぶきを見せてやるぜ

Really flashy-flash!
もう派手派手だ

 

②の「have」が正解でした!

 

 

例文解説

「派手」をシンプルに訳すわけじゃなく、

宇髄さんが言っているニュアンスが伝わるようになっている、という所に注目しましょう。

Even the blood splashes will have panache!
誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ

主語が「the blood splashes=血飛沫」
(述語)動詞が「will have」

の文ですね。

 

文頭の「Even」

意味を強調する副詞です。

英単語

even
[副詞]でさえ、たとえ、いやむしろ、実際、さらに
[形容詞]平らな、均等な、一定の
[動詞]等しくする、平たくする

 

原作は、

誰よりも派手な血しぶきを見せてやるぜ」

となっていますので、

日本語の感覚だと比較級が必要になる文なのですが、

 

このセリフはあくまでも

「ならば俺が派手に頸を斬ってやろう(I'll cut off his head with style!)」

というセリフの続きですから、

むしろ、誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ」

ということが宇髄さんの言いたいことですよね?

 

なので、前の文を強調する意味で、

副詞「Even」を文頭に持ってきて、比較的な表現を再現しているわけですね。

 

「見せる」が「have」になる?「無生物主語」

その後に続く

the blood splashes

the blood=その血の
splash*=飛沫(しぶき)

という名詞のかたまり(名詞句)で、この文の主語になります。

*「splash」は可算名詞なので複数形になっています。

 

原作は、

(俺が)誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ」

と主語が隠れているので、

日本語の感覚だと主語を「I」とするべきですが、

実際の英訳は原作と異なり、

主語が「血飛沫」に変更されているわけです。

 

この「英語の感覚(英語の呼吸)」は、

日本人にはなかなか理解しがたいですが、

文法用語で「無生物主語」というやつですね。

 

この「主語の変更」に伴い、

以降に使う言葉がまるっと変わり、

動詞が「見せる=show」ではなく、

「have」に変更になっているのです。

 

無生物主語「have」

無生物主語の時に使う動詞は、

「let」「make」「have」など使役動詞になります。

 

「使役動詞」というとなんだか難しい表現ですが、

「~させる」という意味になる事が出来るやつですね。

 

 

今回使われた「have」もその一つで、

the blood splashes will have ~
=血飛沫に~を持たせてやるぜ

という風に使う事が出来ます。

 

英語は一番最初に言いたいことを持ってくる言語ですから、

無生物主語を最初に持ってくることで、

それ(この場合は血飛沫)にフォーカスしてほしいわけですね。

 

この「感覚」は頭ではなかなか理解しがたいので、

常に英語の感覚で考える「英語の呼吸・常中」で英語を理解する必要があります。

参考全集中「英語の呼吸・常中」

『鬼滅の刃』は、主要人物であっても容赦なく人が死んでいくという、少年誌らしからぬマンガです。 しかし、それでも少年誌っぽい要素は随所に見られます。 たとえば、「○○の呼吸」もそうですね。   ...

続きを見る

 

洋菓子のよう?「panache」

今回は、使役動詞「have」の後ろに

「panache」

という中々見慣れない名詞が出てきました。

 

英単語

panache
[名詞]華々しさ、気取り、見せびらかし、羽根飾り

発音がなんとなくフランス菓子みたいなのは、

ラテン語⇒フランス語⇒英語となった言葉だからですが、

元々は、兜などにつける「羽根飾り」、つまり、

なくても困らないのにあえてつける装飾

を表す言葉です。

(宇髄さんのアクセサリーもpanacheですね)

 

普通に頸を斬れば出てくる血飛沫を、

will have panache
=華々しさを持たせたい

ということで「派手」という言葉の代わりにして

Even the blood splashes will have panache
=むしろ血飛沫に華々しさを持たせてやるぜ
⇒誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ

という英訳になっているわけです。

 

Really flashy-flash!
もう派手派手だ

原作では「派手」という言葉を散々使ってきた宇髄さんですが、

これまでの英訳では、

「ならば俺が派手に頸を斬ってやろう(I'll cut off his head with style!)」

「誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ(Even the blood splashes will have panache!)」

と、まったく違うやり方で「派手」が表現されていました。

 

しかし、ここでは違っていましたね。

 

「本当に、実に」という意味で有名な「Really」という副詞で強調しながら、

似たような「flashy」と「flash」を組み合わせた、

「flashy-flash」で表現していました。

英単語

flashy
[形容詞]派手な、一瞬華やかな

英単語

flash
[動詞]光らせる、パッと照らす、見せびらかす
[名詞]閃光、フラッシュ、ひらめき
[形容詞]派手な

 

 

両方とも「派手な」という意味がありますが、

それぞれをハイフンで結びつけ、

ひとかたまりの形容詞にしているんですね(複合形容詞)。

 

この、

複合形容詞で代表的なのは、「7-year-old」ですね。

「7 years old」と違い単数形になるのは、ひとかたまりの形容詞だからなんですね。

 

この辺の詳しい話は他のサイトをご覧いただくとして、

原作の日本語が、

「派手派手だ」と同じような言葉をくり返したかたまりとしているため(日本語では名詞+形容動詞)、

 

英語でも、

似たような言葉をくり返したかたまりにした、と考えるとわかりやすいですね。

 

ちなみに、

英語で「flashy-flash」という表現があるかというとどうもないようで(当たり前だ)、

ググると、

まさかの、マンガ『ワンパンマン』に出てくる、「閃光のフラッシュ」の英語名でした(汗)。

 

 

今日のまとめ

今回の文はいずれも英語的な訳し方をした文で、

難しい文法表現を使っている感じがしてしまいますが、

「強調したいときは副詞から始める」

「強調したいものを主語に持ってくる」

という基本的な英語表現でもありますので、この英語の感覚(英語の呼吸)に慣れるといいですね!

 

今日の言葉

Even the blood splashes will have panache!
誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ

Really flashy-flash!
もう派手派手だ

 

今日のテキスト

-『鬼滅の刃』名シーンでわかる英文法, 鬼滅の名言を英語で!
-, , , , , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!