鬼滅の名言を英語で!

「そのしくじりで妹を取られている」を英語で?【難易度★★★】

スポンサーリンク

前回、『鬼滅の刃』第1話で、主人公の竈門炭治郎が、鬼になった禰豆子を守るために冨岡義勇と対峙したはずが、簡単に禰豆子を奪われ、土下座して禰豆子の命乞いをした結果、「生殺与奪の権を他人に握らせるな」と怒られ、その後、追い打ちをかけるかのように、「なぜ斧を振らなかったなぜ俺に背中を見せた!!」と言われたシーンをやりました。

こちらもCHECK

「なぜ斧を振らなかった。なぜ俺に背中を見せた!!」を英語で?【★★】

『鬼滅の刃』の第1話は、連載当初から連載終了の最後まで「少年誌とは思えないキビシさ」を貫いた作風の原点となる回です。 この回で、日和らず、命は平然と奪われることがあるという現実があるという世界観をぶち ...

続きを見る

今回はその続きです。

 

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻(集英社)

 

冨岡義勇

そのしくじりで妹を取られている

これを『鬼滅の刃』英語翻訳版のネイティブ英語でどう訳された?という問題です。

 

 

問題

That's how I was(   )to take her!
そのしくじりで妹を取られている

ヒント:①going ②afraid ③able ④sure

 

 

答え

 

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.1

正解

That's how I was able to take her!
そのしくじりで妹を取られている

 

①は「be going to」となって、妹を連れていくことが出来るという未来の話、

②は「be afraid to」となって、妹を連れていくのが怖い、④は「be sure to」となって、きっと妹を連れていく、という意味で、全然内容が変わってしまいます。

だから、「be able to」で、妹を連れていくことが出来た、という③の「able」が正解でした!

 

 

解説

原作通りの翻訳ではなく、意味合いから、英語の定型表現を上手く使って表現した文です。

That's how I was able to take her!
=そうやって俺は彼女を連れて行くことが出来た⇒そのしくじりで妹を取られている

日本語的な直訳ではなく、意味を理解した上での英訳になっていたので、その辺の違いを抑えるのがポイントです。

 

主語+動詞

この例文には、二つの主語+動詞があります。

 

メモ

That's how I was able to take her!

最初の文は主語が「That」、動詞が「is」ですね。

そして、最後の文(節)は主語が「I」、動詞が「was」で、「be able to~=~できる」という定型表現の過去形です。

それをつなぐのが「how」でした。

 

「how」は通常、疑問文のはじめに使うことが多い単語ですね。

参考

How many CD's do you have?(何枚CD持っている?)

How much is it?(これいくら?)

 

しかし今回は、それが文と文(節)をつなぐ位置にあります。

これは、後ろの文(節)が方法だったり原因だったりするときに使う「how」です(名詞節)。

 

この話は長くなるので、今回は「That's how」という定型表現という視点だけで見ていきます。

 

「That's why」と「That's how」

「That's why」は受験の長文問題などでよく見る定型表現ですが、「That's how」もこれと似た使い方ができる定型表現です。

 

もちろん、「why」と「how」と意味の違いから、使い方も違ってきます

ポイント

That's why:そういうわけで〔理由〕
〔例文〕That's why I killed a man.(そういうわけで、人を殺した)

That's how:そうやって〔経緯・原因・方法〕
〔例文〕That's how I became a demon.(そうやって、俺は鬼になった)

この二つの例文の違いがわかりますか?

 

「That's why」の方は、人を殺した理由ですよね。

たとえば、自分の大切な人を殺されて、カッとなって人を殺したとか、そんな理由を説明する時「That's why」を使います。

『鬼滅の刃』でも鬼になった○○○のエピソードがそうでしたね。

 

「That's how」の方は、鬼になった方法とか経緯ですよね。

鬼になった人間は、基本的に鬼になった時の記憶がないことがほとんどですが、上弦の中には、自分から進んで鬼になった人もいましたよね。

そういう人が、自分が鬼になった経緯や原因・方法を説明する時は、この「That's how」を使うのです。

 

このシーンで冨岡さんが「しくじり」と言っているのは、その前の「斧を投げなかったこと」「背中を見せたこと」ですね。

そういう経緯・原因があって、「妹を取られた」ということを言いたいワケです。

 

だから、「そのしくじりが=The failure」なんてことはせずに、「That's how(That is how)」を使って翻訳されているのです。

 

be able to~

「how」以降の文には、「be able to~」という定型表現が入っています。

 

丸暗記することの多い、中学で習う成句ですね。

ポイント

be動詞+able to+動詞の原形=~することができる、~できる

今回はこれを「過去形」の「was」を使って「~できた」を表しています。

 

「to」以降は動詞の原形「take(取る、連れて行く)」が来ていました。

そう、「to+動詞の原形」なので、これは不定詞です。

「to take her(彼女を連れて行く)」ということを「was able(できた)」ということです(不定詞の副詞的用法)。

「take」は非常に多くの意味がありますが、基本的には持って移動する(持っテイク、連れテイク)、で覚えておくとよいですよ。

 

ちなみに、「~できる」というと、助動詞「can」が思い浮かびますよね。

今回の文は過去形だから、「can」の過去形「could」を使って、

I could take her.

にすることができそうな感じがしますね。

 

でも、「could」には出来ません

この文は、「was able to」じゃなきゃダメなんです。

 

「could」じゃなく「was able to」な理由

ここからは中学英語ではやらない、高校英語レベル以上の、ちょっと突っ込んだ話です。

 

そもそも、「can」と「be able to」は、同じ「~できる」と訳せる言葉ですが、かたや助動詞、かたや形容詞(+不定詞)と、まったく異なる文法表現を使っています。

ポイント

助動詞:動詞の意味を助ける

形容詞:名詞の状態や様子を説明する

ということは、同じように訳せる時もあれば、違う時も当然出てきます

 

現在形では同じように使えますが、過去形になったりすると、変わってくることがあるんですね。

 

この例文がまさにそう。

 

そもそも、「be able to」と「can」の意味はこのようになっています。

ポイント

be able to+動詞の原形=~(することが)できる、~する能力/可能性がある

can+動詞の原形=~(することが)できる

 

「~することができる」となる時は、「be able to=can」が成り立ち、「be able to」を助動詞としてみるのが一般的です。

特に現在形で助動詞を使わないケースはそれで大丈夫です。

 

ただ、「be able to~=~する能力/可能性がある」という時は「=can」が成り立ちません。

なぜなら、「able」が形容詞だからです。

「to不定詞」で続く能力や可能性を「できる」という形容詞で客観的に表現しているわけですね。

それが、過去形になったときに若干、「could」とニュアンスが変わることがあるのです。

 

今回の例文もそうでした。

I was able to take her(妹を連れて行くことが出来た)

と語っているのは、禰豆子を連れていくことが出来る可能性があり、それが出来た(able)という客観的な状態の話ですよね。

その時だけの話です。

 

かたや、この文を

I could take her(妹を連れて行くことが出来た)

とすると、動詞「take(連れていく)」が「could(できた)」という話になります。

ですから、過去においてはいつでも出来た(could)、という意味になっちゃうのです。これは主観的です。

 

今回のシーンは、炭治郎が禰豆子を守ろうと覆い被さり、目をつむって禰豆子から目を離したという、その一瞬のことを冨岡さんは言っているわけですよね。

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻(集英社)

このシーンは一回だけのことだから、その時の様子を表す形容詞「able」を使った表現、「was able to」を使っているわけです。

 

これが、こういうシーンではなく、「お前は弱いから俺はいつでも妹を連れ去れたんだぜ」みたいな話なら「could」が正解になるわけです。

確かに冨岡さんの実力を持ってすれば、いつだって連れ去れますよね?

そういう時が「could」。だからつまり、過去いつでも出来たら「could」なんです。

ポイント

be able toとcanは過去形だと意味が変わる

was/were able to=(その時だけは)~できた

could=(過去においてはいつでも)~できた

 

 

今日のまとめ

テストにもよく出てくるような表現のアレンジがある場合、あえてそうしたという理由がある、ということですね。

 

今日の言葉

That's how I was able to take her!
そのしくじりで妹を取られている

 

今日のテキスト

-鬼滅の名言を英語で!
-, , , , , , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!