鬼滅の名言を英語で!

絶対テストに出ない「とっととくたばれ糞野郎」を英語で?【★★★★】

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』最終23巻、読みましたか?

私はその日の夜中にkindleで速攻ポチッとしましたが、とてもよかったので、まだ読んでない人はぜひぜひ読んで下さいね。

 

さてさて、

最新巻といえば、12月1日に待ちに待った鬼滅英語版19巻が発売されましたね。

 

待ちに待った理由はもちろん、

胡蝶しのぶの「あのセリフ」がどう訳されているか気になってしょうがなかったからですね。

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第19巻(集英社)

 

これですよ。

詳しくはネタバレになりますから割愛しますが、いつもイヤミなくらい丁寧な口調の胡蝶さんが、とても優しい微笑みを浮かべながら言った衝撃のセリフ、

「とっととくたばれ糞野郎」

 

これを、

『鬼滅の刃』英語翻訳版のネイティブ英語でどう訳された?という問題です。

・・・ふと、はたして問題にしていいのだろうか?

という疑問が湧きましたが、まぁ、学校じゃないからいいかと。

 

むしろ、

こういう言い方を「しちゃダメだよ」ということを学んでもらえればよいよね!と。

 

それではいきます。

問題

After you, you worthless(   !
とっととくたばれ糞野郎
※after you=お先にどうぞ

選択肢
①fuck
②bastard

③bitch
④shit

 

答え

 

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.19

正解

After you, you worthless bastard!
とっととくたばれ糞野郎

 

②の「bastard」が正解でした!

 

英会話を勉強している人だと、「You bastard!」という表現を思い浮かんだ人は多いかもしれません。

 

 

解説

「You bastard!」とは

「you bastard」は、いわゆるスラングですね。

 

よく映画などにも登場する、相手をののしる時に使う言葉で、

英単語

You bastard!
くそったれ、このやろう、くたばれ

と訳されます。

「糞野郎」という表現によく合うチョイスですね。

 

「bastard」そのものは、

「私生児(愛人の子ども)」を表している言葉で、そもそもこの単語を使うこと自体が相手を侮辱する気マンマンですよね。

英単語

bastard
[名詞]嫌なヤツ、不快な人、私生児(古い表現)

 

今は私生児と関係なく使うようですが、

ひょっとしたら、

金持ちの正妻が、旦那が連れてきた私生児に自分の息子が継ぐ財産を奪われる気がして、「この私生児が!」というイビった言葉から来ているのかな、と。

 

現代では、

相手をかなり悪くののしる言葉、特に女から男に言う侮辱の言葉として使われることが多いとのこと(やはり正妻が?)。

今回は胡蝶さんが男に使っていたので、使うシチュエーションとしてはバッチリですね。

 

ちなみに、

男から女に言う侮辱の言葉は、選択肢にもありました「bitch(あばずれ)」が有名です。

(しかし、鬼滅での「あばずれ」は訳が違いましたが…)

 

worthless

ちなみに今回の胡蝶さんの言葉は、

「you bastard」

ではなく、

「you worthless bastard」

でした。

 

「worthless」は、

「worth(価値)」+「less(ない)」で、

英単語

worthless
[形容詞]価値のない、役立たずの

という意味になります。

名詞+lessで形容詞になるやつですね。

 

「You bastard」の「bastard」は、

前に形容詞をつけて「○○野郎」みたいな感じで使うことが出来ますので、

 

you worthless bastard
⇒無価値の糞野郎

・・・というような意味になるんですね。

 

「you bastard」でも「糞野郎」的に使えますが、

「糞=無価値=worthless」と、

原作の「(生きる価値なんかない)糞野郎」に込められたニュアンスを出したいために、あえて、「worthless」を入れたんでしょう。

 

あえて日本語に訳すなら、

「ゴミクソ野郎」

というところでしょうか?

 

どんだけおとしめて言いたいんだよという感じが伝わっていいですよね。

 

ちなみに英語で「糞」は、選択肢にもあった

「shit」

を使うのが一般的です。

映画などで「Shit!」というのがそれですが、これは主に自分で「クソッ」と言う時に使う表現なので違ったんでしょうね。

 

「とっととくたばれ」は?

「糞野郎」はわかりましたが、ではその前の「とっととくたばれ」ですね。

 

私はてっきり動詞を使った定番表現、

「Go to hell」

とか

「Fuck you」

的な何かになるかな?と思ったのですが、まさかの「after you」でしたね。

 

英単語

 

よく人に先に言ってほしい時に使う表現のようですが、

「お先にどうぞ」って・・・胡蝶さんの笑顔から考えて、胡蝶さんっぽいと言えば胡蝶さんっぽいのですが、なんか変な感じがしますね。

 

「Go to hell」はすでに使ってしまっているし

「Fuck you」は放送禁止用語ということなのでマンガにも書けないのかもしれませんが、

もうちょっとバシーッと決まる言葉が入るのかなと思ったら違いました。

 

おそらく言い方によって意味の強さが変わるということでしょうが、どうなんでしょうね?

「お先にどうぞ、ゴミクソ野郎」という感じでしょうかね?

前後のギャップが怖い!

 

誰かわかる人教えて!!笑

 

 

今日のまとめ

「after you」についてはナゾを残したままでしたが、「bastard」という、言っちゃいけない言葉を学べただけでも収穫ですね!

ホントに言っちゃダメなやつですからね!

今日の言葉

After you, you worthless bastard!
とっととくたばれ糞野郎

 

今日のテキスト

-鬼滅の名言を英語で!
-, , , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!