鬼滅の名言を英語で!

無一郎の「僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」を英語で?【難易度★★★】

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ

スポンサーリンク

今日、新しい中学の英語のワークを見たら、

海外から見た日本の文化として『Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.1』が載ってましたよ!

勉強しよう、中学生!!

 

さて本日は、

先週『鬼滅の刃』英語版、

『Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba』の21巻が発売された関係で、

ついに、無一郎のあのセリフを取り上げます!

愈史郎と珠世さんの素敵なツーショットですね。

 

例文!

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第21巻(集英社)

この、「僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」

『鬼滅の刃』英語翻訳版のネイティブ英語でどう訳された?という問題です。

 

問題

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ
I was born(  )(  )happy.

ヒント:「~するために」を表すあの表現と、「happy」の品詞に注目

 

 

答え

 

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ-iwasborn-to-be-happy

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.21

正解

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ
I was born to be happy.

 

不定詞「to be」が正解でした!

 

 

解説

主語+動詞

主語は「I=僕は」、動詞は「~たんだ=was」でしたね。

「was」はbe動詞「am」の過去形ですね。

 

I=僕は
was=~たんだ
born=生まれる

で、「僕は生まれたんだ」になりますね。

 

英語は結論から言う言語なので、

ここが無一郎の言いたいことという判断ですね。

 

しかし、

これだけだと「何?」となってしまうので

続きが必要なんです。

 

to be happy

その後ろに続くのは、前置詞の「to」ですが、その後は「be」でした。

「be」はbe動詞の原形ですね(だからbe動詞と言います)。

 

なんでこんなことが起こるかというと、

これが「to不定詞」だからですね。

 

先ほどまで紹介した、

I was born
=僕は生まれたんだ

だと、「で?」ってなりますよね。

 

詳しいこと何も言ってませんからね。

詳しく説明するために、メインの文の後付けでつけたのが、

to be happy
=幸せになるために

です。

 

英語は一つの文節に動詞を一つしか使えないというルールがあるため、

どうしても動詞で表現したい時に使う方法の一つが「to不定詞」だからですね。

 

そうすることで、後ろにつけた文で前の文で足りないものを補い、

I was born to be happy.
=僕は幸せになる為に生まれてきたんだ

となるワケです。

 

「to be」の理由

to不定詞の使い方は、詳しく解説している回をご覧いただくとして、

なぜ「to be happy」になったか?

というのが大事です。

 

普通、「to不定詞」は、

I fight to cut demon's head off.
=俺は鬼の首を斬り落とすために戦う

のように、一般動詞が続くのが多いです。

 

ただ今回は、

be動詞の原形になっていました。

それは後ろに続く後が、「happy」だからです。

 

何気なく使っている「happy」ですが、

これは「strong(強い)」「beautiful(美しい)」と同じく「形容詞」です。

 

形容詞を表す時に使う動詞は・・・そう、be動詞。

参考「君は心が綺麗ですね」を英語で?【難易度★】be動詞と一般動詞の違い

おはようございます! 最近長いセリフ&解説が続いた気がするので、 今回はシンプルだけど鬼滅らしいあのセリフで行きます。 (本記事はnoteで公開したものを加筆修正しております)   場面は柱 ...

続きを見る

 

最初の

I was born
=僕は生まれたんだ

も、「born」が形容詞(正確にはbearの過去分詞)だから、be動詞を使っていたように、

「happy」が形容詞だから、be動詞を使ったわけです。

 

ただ、

先ほども言ったように文の動詞(この場合は「was」)が既にいるわけだから、

「am happy」とか、「was happy」とかにはならず

原形の「be」になるわけです。

(「to不定詞」だから動詞は原形、でも正解です)

 

だから、

to be happy=幸せになる為に

という風になったんですね。

 

ちなみに、文法用語的には、

「~するために」だから「副詞的用法」です。

「to be happy」が修飾しているのは「was born(生まれた)」で、名詞じゃないからですね。

(名詞なら形容詞的用法です)

 

 

今日のまとめ

文自体はとてもシンプルでしたが、

「be動詞」「一般動詞」「形容詞」「to不定詞」というものをしっかり理解しておかないと解けない問題でしたね。

英語はひとつひとつの要素が、「正しく並ぶこと」で意味が出来上がっていくので、

「to不定詞」の後だし説明感をしっかりとおぼえておくのが大事です。

 

今日の言葉

僕は幸せになる為に生まれてきたんだ
I was born to be happy.

 

今日のテキスト

-鬼滅の名言を英語で!
-, , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!