鬼滅の名言を英語で!

「兄ちゃんが絶対助けてやるからな」を英語で?

スポンサーリンク

前々回に引き続き、『鬼滅の刃』の冒頭1ページの回想シーンの続きから、

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻

最後のコマ、

竈門炭治郎

兄ちゃんが絶対助けてやるからな

このセリフが『鬼滅の刃』英語ネイティブ翻訳版『Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba』で、どう訳されているでしょうか?

 

問題

(   )big brother is definitely(   )(   )save you!
兄ちゃんが絶対助けてやるからな
*definitely=〔副詞〕確実に、間違いなく

 

 

 

答え

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.1

 

正解

Your big brother is definitely going to save you!
兄ちゃんが絶対助けてやるからな

 

 

英文の解説

英語は単独で「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と表せないのは皆さんもご存じの通りですが、日本語から英語に翻訳する場合はそうもいきません。

 

それを「big brother」を使って、どう表現しているか?

また、be動詞「is」と一般動詞「save」と、動詞が二つ入っているのをどう考えるか?

見慣れない単語、「definitely」をどういう役割と考えるか?

という問題でした。

 

色んな要素がからみ合っているので、難易度がやや高めでしたね。

 

それでは分解して見ていきましょう。

 

主語

主語は「your big brother(あなたのお兄ちゃん)」ですね。

日本語には「your(あなたの)」はつきませんが、英語には「具体的に説明しないといけない」というルールがあるので、「誰の」が必要になります。

この場合は禰豆子に話しかけているので、禰豆子にとってのお兄ちゃん、つまり「your」がつくわけです。

 

日本人の感覚だとまどろっこしい気もしますよね。

我々は「兄ちゃんが」と言っているから炭治郎=兄ちゃんとわかりますが、英語圏では、相手を「兄ちゃん」と呼ぶこともそうですが、自分のことを「兄ちゃん」と言う文化もありません

ですから、英語圏の人にわかるようにするには「お前のお兄ちゃんが=Your big brother」にしないと、「誰のお兄ちゃん?」って話になってしまうんです。

だから、まどろっこしく感じても「Your big brother」という表現になるんですね。

 

「お兄ちゃん」の英語表現については、下記ページで詳しく解説していますので合わせてチェックしてくださいね。

復習
禰豆子の「お兄ちゃん」を英語で?

全然名言でも何でもないですが、やっぱり鬼滅の炭治郎といったら「理想のお兄ちゃん」キャラでも有名ですね。 妹・禰豆子に対する優しさ、想いやりなど、「こんな兄がほしかった」という人が多いです(主に女子)。 ...

続きを見る

 

動詞

次の動詞の部分ですが、使われているのは、未来の予定を表す「is going to~(~するつもり)」ですね。

通常、英語は一つの文に動詞は一つ、というルールがありますから、「is」と「save」とで二つ動詞が来て、炭治郎が「助けてやる」という未来形の話をしているので、ここは「will」ではなく、「is going to save」なんだとひらめくことが出来るとよいですね。

 

正確な文法では、

動詞は「is going」が「~の方に向っている」という進行形で、
後ろに続く「to save(助けること)」が「不定詞(名詞的用法)」

なのですが、

「be動詞+going to+動詞の原形」はテンプレ表現「~するつもりだ」なので、これを「can」や「will」のような助動詞のようにとらえ(これを「準助動詞」と言います)、その後の「save」が動詞とする考え方の方がわかりやすいでしょう。

ポイント

be動詞+going to+~(動詞の原形)=~するつもりだ
※未来の予定を表す

 

副詞が入っている理由

「be going to~」がそのままだとわかりやすいのですが、この翻訳では間に「definitely(確実に、間違いなく)」という「副詞」が入っていますね。

「definitely」は、大学入試レベルの単語なので、見たことない人も多いかもしれませんね。

英単語

definitely=〔副詞〕確実に、間違いなく

 

「副詞」は「名詞」以外の、「動詞」や「形容詞」などの意味を装飾する品詞です

「副」という文字がついているように、あくまでも文を飾る(修飾する)「おまけ」であって、なくても文が成立する、というものです。

ポイント

副詞:名詞以外を修飾する品詞で、なくても文は成立する

 

ではここでなぜ副詞が使われているかというと、原作では、

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第1巻

炭治郎

絶対助けてやるからな
死なせない
兄ちゃんが絶対助けてやるからな

・・・というように、炭治郎が二回「絶対助けてやるからな」を言っているからです。

 

再び翻訳版を見てもらうと、

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.1

1回目の英訳文は「I'm gonna save you.」と訳されていますが、「gonna」というのはとてもくだけた表現です。

正しい言い方にすると「I am going to save you.(助けるからな)」になります。

英単語

gonna=going toの(雑な)省略形。テストで使ったら×。

 

つまり、2回目の「definitely」がついた英訳文、「Your big brother is definitely going to save you!」と根本は同じ表現なんですね。

 

なので、2回目の文に「definitely」を追加することで、「is going to~(~するつもりだ)」の意味をより強めているんですね。

 

これが、装飾語、副詞の役割ということです。

なくても文が成立しますが、あった方がより内容が伝わる、ということですね。

 

今日のまとめ

ありがちな定型文でしたが、それぞれの役割を理解しておくと、意味がしっかりととらえられますよ!

 

今日の言葉

Your big brother is definitely going to save you!
兄ちゃんが絶対助けてやるからな

 

今日のテキスト

-鬼滅の名言を英語で!
-, , , , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!