鬼滅の名言を英語で!

「俺はお前を許さない」を英語で?【難易度★★★★】

俺はお前を許さない

スポンサーリンク

公式twitterで昨日から行われている、

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のBlu-ray&DVD発売記念カウントダウン

毎日名セリフ&シーンと共にカウントダウンしていく企画ですが、

あと36日です!

遠い!

 

本日のセリフはコチラ

 

下弦の壱・魘夢(えんむ)の血鬼術の夢から覚め、

無限列車の屋根に魘夢を見つけ

「人の心の中に土足で踏み入るな」

という名言を言った後のセリフですね。

俺はお前を許さない

吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第7巻(集英社)

この、「俺はお前を許さない」を

『鬼滅の刃』英語翻訳版のネイティブ英語でどう訳された?という問題です。

(こうやって見ると、原作の方が目が据わってますよね)

 

問題

You won't get away(   )this.
俺はお前を許さない
※get away=逃げる

選択肢
①from
②of

③with
④to

短いフレーズですが、ネイティブがよく使う日常表現ですので、難しめです。

「逃げる」にくっつく前置詞は何か?

 

 

答え

 

俺はお前を許さない

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.7

正解

 

③の「with」が正解でした!

 

「with=~と一緒に」が何で

「get away=逃げる」にくっついてこうなるのか?

 

その辺しっかり見ていきましょう!!

 

 

解説

You won't get away with this.
俺はお前を許さない

助動詞「will」
否定形「will not」を省略した「won't」を使った文でしたね。

 

「will」は未来ではなく「意志」を表す役目で、

「許さない」という言葉に込められた意志を「won't」で表しています。

 

その後に続く「get away」は、

「get=行く、着く」

「away=離れて」という副詞がついているので、

英熟語

get away
=逃走、逃亡、抜け出す

という意味になります。

 

でも、

それだけで考えてしまうと、炭治郎のセリフの英訳が

You won't get away with this.
=俺はお前を逃がさない

というような意味になっちゃって、

原作とちょっと違うような…という気持ちになりますよね?

 

実は、

「away」の後の「with」を無視してしまうと、

そういう意味に捉えられちゃうんですね。

 

get away with

結論から言ってしまうと、

get away with~

は、ひとかたまりで使われる定型熟語表現(イディオム)です。

 

英熟語

get away with ○○
=○○を持ち逃げする、○○しても捕まらない/許される/罪を免れる、ただで済む

[例文]He gets away with murder.(彼は殺人をしたのに罪を免れている)

 

「get away」自体が「逃げる」を表しているのですが、

後ろに、

名詞の前に置く前置詞「with」をつけ、

名詞が指すもの(主に罪)と一緒に(with)逃げる

つまり

get away with ○○
=○○を持ち逃げする

が転じて、

get away with ○○
=○○(罪)をしても許される

という意味を指すんですね。

 

英語圏では割と普通に使う表現で、

今回の炭治郎のセリフのように、これを否定形にして

You won't get away with this.
=お前はこの罪をしても許されない
⇒お前を許さない

という怒ったときの定番のフレーズなんですね。

(thatやitになることもありますが)

 

「許す」を意味する単語との違い

なお、

「許す」という単語には

「let」「allow」「forgive」などがありますが、

 

「許す」を意味する動詞

let⇒「自由にさせる」という意味

allow⇒「許可する」という意味

forgive⇒「罪を許す」という意味

のニュアンスがあり、

 

原作通り「俺はお前を許さない」を訳すときに、

どれかを使うなら

I won't forgive you.
=俺はお前を許さない

「forgive」を使ったものになるでしょうね。

 

原作通り「I=俺は」が主語ですし、

この方がスッキリしてる感じがします。

 

しかし、

英語版の翻訳がそうならなかったのは、

この前のシーンが、

「人の心の中に土足で踏み入るな」という炭治郎のセリフ通り、

 

魘夢がこれまでしてきた、

人間の夢も好き勝手にコントロールする

という「罪が罰せられず来たこと」を許さない、

という意味で、

「逃がさない=get away」というニュアンスを込めた

「get away with=~を免れる」を、

「won't」を使って、強い意志で否定したかったからではないでしょうか??

(推測ですけどね!)

 

 

今日のまとめ

英語のテストであれば、

「正解」が決まっているので日本語の訳通りに英訳すれば良いですが、

 

マンガは「作品」なので、

雰囲気を出来るだけ踏襲して訳されているので、ちょっと難しく感じる表現も多いですよね。

 

ですがそれは逆に、

「生きた」英語を学べるということでもありますので、こういう短いフレーズに触れながら、

定番熟語をおぼえられるとよいですね!!

 

よく使うから定番なので!!

俺はお前を許さない

Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Vol.7

今日の言葉

 

今日のテキスト

-鬼滅の名言を英語で!
-, , , , ,

© 2021 鬼滅の刃で全集中・英語の呼吸!!